レンタルサーバー
天海祐希パリと女と…~魅惑の新オルセー~(第1部 輝く都) Wedding Music Cafe ~披露宴の音楽と趣味のページ~

Wedding Music Cafe ~披露宴の音楽と趣味のページ~

元ブライダルプレイヤーによる、結婚式・披露宴BGMの選曲ポイントと個人的な事とか好きなモノについてあれこれ語るブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

天海祐希パリと女と…~魅惑の新オルセー~(第1部 輝く都)

先週の土日にBSプレミアムで放送されていた、

天海祐希パリと女と…~魅惑の新オルセー~

この番組、凄~く良かったです!!

番組の放送に先駆けてBSプレミアムで放送されていたCMが、
コミカルな感じだったのですが、番組自体は知的で奥深い内容でした。
単にオルセー美術館に展示されている絵画の紹介だけではなく、
その絵画に隠された歴史とか背景とか女性の生き方まで触れられていて、
物凄く勉強になりました…!!

また、天海ファンとしてもこれは保存版の番組では?
何と言っても、普通のドラマ以上に天海さんが出ずっぱりだし、
しかも、役を演じていない天海さんをこんなに沢山見られたのは貴重…!!
コメントも天海さんらしくて凄く良かったです!!
最後には天海さんが語る「自分らしい生き方とは?」という、
深い部分まで掘り下げられていて、内容が濃かったです。

個人的にツボだったのが、ドガのバレエ関連の絵の所かな。
自分の見解を詳しく語っていたのですが、
完全に「舞台人:天海祐希」として語っていたのがツボでした。
バレエの事や舞台稽古・パトロンやファンの事などなど、恐らく、
宝塚時代を思い出しながら語っていたのは間違いないかなと…。


今月末に総合テレビでも編集版を放送されるようですが、
たぶん、BSプレミアムの放送を見てしまうと、物足りなくなってしまうかも。
(→それでも、一応、番組はチェックしますけど)
…というか、番組公式ページを見ると、
放送出来なかった映像もまだまだ沢山あると思います。


個人的には、番組を見終った後、やっぱり、
一度はパリへ行きたい!!と強く思ってしまいました~。

元々、フランスは、私が一度は行ってみたかった国の1つであります。
昔から行ってみたいと思いつつまだ実現していませんが…。
一時、NHKラジオのフランス語講座も聞いてみたり…(笑)。
その影響というのは、明らかに舞台・映画含めてミュージカル関連です(笑)。

天海さんの4月から始まるドラマにちなんで(?)、
私が好きなパリが舞台のミュージカル作品を挙げてみます。


【映画】
『パリのアメリカ人』
『パリの恋人』
『ムーラン・ルージュ』

【舞台】
『オペラ座の怪人』
『レ・ミゼラブル』
『ベルサイユのばら』
『スカーレット・ピンパーネル』

【番外・日本のドラマ・笑】
『のだめカンタービレ』

こんなにありますか…(笑)。
他にも、舞台はパリではありませんが、
私の大好きな『ロシュフォールの恋人たち』『シェルブールの雨傘』も
フランスへの憧れに多大なる影響を与えています(笑)。
でも、この2作品も「パリ」という単語は出てくるし…(笑)。
特にロシュフォールの方は、主人公の双子姉妹はパリに憧れている設定だし…!!

音楽面では、何といっても、フランスの音楽家
Michel Legrand(ミシェル・ルグラン)好きでもあります。
ちなみに、ルグランの『I LOVE PARIS』というアルバムも持っています♪
THE NEW アイ・ラヴ・パリ(ステレオ・リメイク盤)THE NEW アイ・ラヴ・パリ(ステレオ・リメイク盤)
ミシェル・ルグラン

by G-Tools



音楽と言えば、「第1部 輝く都」が放送された土曜の早朝に、
同じBSプレミアムで「音楽都市散歩パリ」が放送されていたので、
そちらも併せて録画してチェックしました♪
天海さんが訪れた場所と殆ど同じ名所が映り、
違う角度&クラシックの音楽をBGMに見られたので録画して正解でした!


芸術の都のパリなので、絵画も絵も色々とありますよね。
私はこれまで、美術館に行くのは好きではありますが、
音楽に比べると余り絵画には詳しくありません…^^;
なので、この番組を見て、本当に勉強になりました…!!!


…ということで、偉い前置きが長くなりましたけど、
番組の詳しい感想等は興味のある方のみ続きをどうぞ!
(※番組未見の方はネタバレしまくっています)
書いていて長くなった&時間切れになってしまったので、
今日は、簡単な全体の感想と第1部のみ振り返ります。



今回の番組で、全体を通して、
天海ファンとして私がツボった箇所(見所?)を箇条書きします。

・天海さんの両手で握手
・天海さんの姿勢の良さ(&歩き方)
・天海さんのダンスやバレエをほんの少し(?)踊った事
・大階段下りならぬ…パリ・オペラ座の大階段上り
・舞台人としての天海さんが垣間見られた事
・相変わらずの手の動きと擬音(笑)
・やっぱり照れ屋さん&顔が膨れる(笑)
・実は高所恐怖症(笑)
・天海さんの「自分らしい生き方」を聞けた事

などなどです。
細かく振り返ったらまた思い出すかと思いますが…。


まずは、天海さんの「両手で握手」と
「姿勢の良さ」だけは先に言っておきます!

握手に対するこだわりは、宝塚時代からだと思います。
課題図書『明日吹く風のために』にハッキリと、
 
 私は、その一瞬の触れ合いの中に、
 精一杯の感謝の気持ちを込める


と書いてある通り、会う人会う人に、
しっかりと両手を差し出して握手していましたね。
気が付かなかった方は、もう一度見直してみて下さいね。

私がチェックした限り、片方の手でパネルを持っていた為に、
1回だけ片手で握手していましたけど、後は全て両手でした。
手袋していても、さりげなく片方をちゃんと外していましたね。

でも、フランスの方は握手よりもキス(ビス)なので、
ちょっと握手に慣れていない感じもしましたけど、
天海さんの誠実な態度は伝わったと思います!!


そして、天海さんの姿勢!!
今回、自分がバレエを習っていたという話もされていましたが、
美術館を回っている時の歩き方といい、立ち姿勢といい、
椅子に座って絵画を眺めている姿といい、本当に姿勢が良かったです。
バレエを習っていたというのも大納得です。
私、姿勢が悪いので、見習わなくては…と猛烈に反省しました。
姿勢良くゆっくりと綺麗に歩くので、歩いている姿だけでも、
本当に絵の様に美しかったです。
ただ、ゴッホの時かな?
パンツでブーツインだった格好だったせいもあって、
ちょっと男役っぽい歩き方になっていた事がありました。
(それはそれでツボではありましたけど・笑)

私の特にお気に入りな天海さんの歩き姿(?)は、
やっぱり、パリのオペラ座の大階段を上がる所…!!
『オペラ座の怪人』の舞台になったあのオペラ座で天海さんが
大階段を上がっていく姿は、ある意味、私にとって夢の共演でした。
引きで映像を取って下さったNHKはグッジョブでした♪


さて、ここからは、私がツボった箇所をザッと書いてみます。


【第1部 輝く都】

天海さん、オルセー美術館独り占めとは羨ましい~。
時計の裏側に来た時、よく見ると9時前を指していたので、
恐らく開館時間前の朝なのかな?と思ったり。
(夕方の時は、休館日の日に撮影!?)


最初に天海さんが紹介した
『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』(ルノアール)。
一瞬の動きを見事に捉えているとの事で、
それはダンスをしている人々からもわかると言う所で、
天海さんが「ここからこう動いて…」と言いながら、
ダンスを再現してくれています!
「最後にこうなって」と抱きしめるのですが、その時の天海さん、
ダンスが完全に男性側のポジションでした…(笑)。
無意識かと思うのですが、普通の女優さんでしたら男性側はしないかと…(笑)。
やっぱり、宝塚・男役出身なんだな~とこういう所から垣間見えました(爆)。


『バレエ教室』(ドガ)
この絵を見ながら、
天海さんがバレエを習っていた頃の思い出話を語ってくれました!
天海さんのダンス好きな私は興味深く聞いていました!!
言われてみると、確かにバレエの先生はステッキを持っていますね。
『オペラ座の怪人』のマダム・ジリーも持っていたし…。


オルセー美術館の改装前と改装後の比較もわかりやすくて良かったです!

朝と夕方で同じ作品を比較するなんて贅沢ですね。
しかも誰もいない美術館でじっくりと堪能できるとは…!!

パリ2日目の朝。

パン屋でフランスパンを購入する天海さん。

 でフランスパンを…
 ちょっと、これやってみたかったので頂きますね。


と言って、一口食べる天海さん。


 うん!していてて、とてもおいしいです。

って、このギャグをしたかったんかい(笑)。
相変わらずなコミカルな面も持っている天海さんでした(笑)。
NHKも、ちゃんと、パリとパリパリのロゴを同じ色で強調して、
見ている人にもわかりやすくして下さってました(笑)。

フランスパンの後(笑)、
オルセーで見た印象派の作品には自然の光で溢れていた事に注目して、
何故パリで光の傑作が数多く生まれたのかというのを、
パリの街に詳しい歴史家の方に話を伺いました。

これ、私も凄く勉強になりました。
それまでパリは暗闇に包まれていたそうですが、
「パリの大改造」をきっかけに、街が大きく変わったという事です。

パリの大改造によって、道の幅や家の構造も大きく変わり、
それまでは日の光が入らなかった家は、
日の光を沢山取り入れる事が出来るようになったそうです。

パリの大改造でパリの街がどう変わったのか一目で見てわかる、
とっておきの場所に案内された天海さん。
それは、パンテオンの屋上でした!!
…が、天海さんの様子が…(笑)。

 出た…出た、ちょっと怖い…。(→凄い小言で)
 うわー凄い…!!
 凄いけど、怖ーい!!


と言っていて、天海さんって、もしかして高所恐怖症…!?

地上に下りた天海さん、光の改造の1つに、
パリの街に街灯を作られた事も説明を受けていました。

ここで、天海さんが説明を元に推測していくのですが、
本当に名推理…!!
この時の真剣に熱く語っている姿が、また天海さんらしいな~と思いました(笑)。

それを歴史家の方に「いかがでしょうか?」と振った所、
歴史家の方が天海さんの事を褒めると、天海さん、
照れちゃって頬を膨らませていました(笑)。

更に、「頭が良くて美しい女性と一緒に過ごせてとても嬉しい」
と言われた部分を、カメラに向かって天海さんが「太字でお願いします」と言うと、
しに直後、ちゃんとNHKが太字に切り替えてくれました(笑)。

この後、ゴッホの展示室へ行く天海さん。
この時の歩き方がやっぱり、ちょっと男役が入った感じで、
堂々とした歩きでツボってしまいました(笑)。

その後、今度はオルセー美術館の屋上へ案内される天海さん。
再び、動揺しまくりの素が出まくっている天海さん(笑)。
ここで、

 1つ言ってもいいですか?
 今まで忘れてましたけど、私、高所恐怖症で…


…私、初めて知りました。
えぇぇー?天海さん、高所恐怖症だったのですか?
宝塚の大階段とかも実は怖かったんだろうか…??
パンテオンとオルセー美術館の屋上へ上る時の天海さん、
本人は必死だったと思いますが、ちょっと可愛かったです(笑)。


パリのパサージュ。
あんな昔から屋根付きの商店街があるなんて凄いですよね…!!
ここのパサージュは以前も別のテレビ番組で見た事がありました!
個人的には、やっぱり、
ナントにあるパサージュ・ポムレが美しくて好きです!


天海さんはモンマルトルへ。
最初に見た『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』の
舞台になった場所を探す事に。
実在するダンスホールだったそうです。
「ムーラン=風車」という意味でピンと来ましたが、
…となると、『ムーラン・ルージュ』もですよね!??
と思って調べてみたら、やっぱり、同じモンマルトルでした♪

あとは、モンマルトルと言うと、宝塚のショーではよく出てきます(笑)。
天海さんがトップ時代だと、『TAKARAZUKA・オーレ!』でも出てきました。
天海さんは出演していませんでしたけど、久世さん麻乃さんが踊り、
姿月さんが「♪夜霧のモンマルトル」というナンバーを歌っていました。
そのシーンのセットには、街灯が出てきました…!!


今ではレストランになっていて、ダンスホールはありませんが、
中庭の一部がダンスホールだったそうです。
当時の様子を、CGで再現してくれましたが、
その技術がまさに、ブラタモリ!??

その中庭でギャレットとモンマルトルのワインを頂く天海さん。
ワインの臭いをかぐ様子からして、余り普段ワインを飲まない!?
(ワインをよく飲まれる方は、グラスのワインを回してにおいを嗅ぐので…)


…ということで、第1部はパリの光の歴史に迫る内容でした。
そういう歴史背景を知った上で絵画を見るとまた違った印象になりますね。
説明だけでなく、こうして実際にゆかりの土地まで行って見る事が出来て、
とても勉強になりました!!
こうなると、私も本物の絵画をオルセー美術館で見たくなってしまいます…。


こんな感じで第1部が終わりました。
この1日目だけでも凄く良かったのですが、
個人的には翌日の第2部も更に凄く良かったです!!

残念ながら時間が無くなってしまったので、第2部はまた後日書きたいと思います!
今週も立て込んでいるので、続きは来週末になる可能性が高いです。

| 【過去ログ】テレビ番組出演 | 22:48 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

♪凄すぎる

えー ここから興味あるかたは・・・なの。
凄いです 大大満足のmono様でした 天海さんが高所恐怖症は知っていました 宝塚時代は語られなかったのですね BOSS1の時はまだ天海日記があってマネージャーさんがビルの屋上の撮影の時に怖い怖いと言っていたことを書かれていましたよ 私は上野にモナリザを見に行きましたが絵には関心が薄いほうでしたが天海さんのおかげでこの番組はとても楽しみましたね

| センターフライ | 2012/03/05 00:16 | URL |

やはり…

本物の絵を目の当たりにすると、美術の本で見るのとは違い感動しますよね。天海さんもかなり感動されていた様子(笑)壁の色が違うだけでも見え方があれ程違う事…勉強になりました。

天海さんの姿勢の良さ&歩き方は本当に綺麗でした。
高所恐怖症なのは知っていました(笑)
天海さんの「ユウキ欲しい」にも書かれていますし、ドラマ「離婚弁護士」の中でもアドリブで言っていましたから(笑)


十年ぶりの(それ以上かな)NHK出演が素敵な番組で良かったです。大満足でした。

| 金魚 | 2012/03/05 10:52 | URL | >> EDIT

こんにちは。
やっぱり宝塚時代からのファンということで、視点が似てますよね、
ツボがほぼ同じで嬉しいです( ´艸`)
絵の前でダンスしたシーンも、同じように「これって男性側なのでは・・・?」と思ってましたけど
やっぱりそうですよね(笑)
でもそこがよかった!

高所恐怖症は、そうだったっけか?と思ったんですが
最近歌劇とかグラフを見たら、ちゃんと高いところが苦手って書いてあるんですよね。
すっかり忘れてました(^▽^;)

身体の某一部分に何度も目が行ってしまって大変でしたけど| ̄m ̄)
それを含め(!?)いい番組でしたーヽ(=´▽`=)ノ

| ぷっく | 2012/03/05 15:28 | URL | >> EDIT

高所恐怖症、『おいら』(85回)でも書いてますよ~
今回のは、おいらの文章と天海さんがリンクした気がしました。

見れないと嘆いてたのですが見れました♪(まだ途中)
ダンスは女性側をイメージしてたので??だったんですが、
そっか~男性側だったのか…また見てみます!
握手も見直さなきゃいけないし忙しいです。

で、姿勢&歩き方ですよ。美しい~!
同じような体型なのに(私のほうがミニマムです)
何で姿勢が維持できるのか?と常々疑問だったので
ここぞとばかりに?ポジショニングや体の使い方を研究してみました。
あの細身のオナカには支えとなる相当なインナーマッスル&背中の柔らかさがあると思われます。
歩き方は、きっと宝塚で得たものなんでしょうね。かっこよくて大好きです。
これって日々維持をしてないと無理なのですごいなぁ~
と改めて尊敬しちゃいました。

| けい | 2012/03/05 20:56 | URL |

Re: ♪凄すぎる

♪センターフライさま

> 天海さんが高所恐怖症は知っていました 宝塚時代は語られなかったのですね

センターフライさんの他、次々に天海さんの高所恐怖症について、
コメントで教えて下さいました(笑)。
どうやら、私が勝手に思い込んでいただけで、昔から公言していたようです^^;

もしかしたら、昔、ワイドショーで放送された
『風と共に去りぬ』の舞台裏密着番組の時の印象で勝手に思い込んでいたのかも(汗)。
その時、フィナーレのデュエットダンスのスタンバイの為に
軽快に大階段横にあるスタンバイ用の階段に上がる時「ちょっと一稼ぎしてきます…!」と、
ジョークを言いながら余裕&軽快に階段を上がっていった後、
大階段で普通にデュエットダンスを踊っていたので、
てっきり高い所は大丈夫なんだと思い込んでいました(^▽^;


> BOSS1の時はまだ天海日記があってマネージャーさんがビルの屋上の撮影の時に怖い怖いと言っていたことを書かれていましたよ

そうでしたか~。
オルセーの番組のお陰で、かなりの高所恐怖症だったという事がよくわかりました(笑)。


> 私は上野にモナリザを見に行きましたが絵には関心が薄いほうでしたが天海さんのおかげでこの番組はとても楽しみましたね

私も絵画は余り詳しくないのですが、こうしてわかりやすく解説してくれたお陰で、
もう一度ちゃんと見てみたくなりました…!!

| mono | 2012/03/05 22:36 | URL | >> EDIT

Re: やはり…

♪金魚さま

> 本物の絵を目の当たりにすると、美術の本で見るのとは違い感動しますよね。天海さんもかなり感動されていた様子(笑)壁の色が違うだけでも見え方があれ程違う事…勉強になりました。

そうですよね~。勉強になりました…!!
やっぱり、現地の美術館で見ると、絵画だけでなく、
美術館の周りの建物や土地なども思い出しますし。
フランスは行った事はありませんが、昔、イタリアのウフィツィ美術館に行った時、
絵画も良かったけど、美術館そのものや、周りの土地・建物も凄く良くて、
未だにあの光景が脳裏に焼き付いています…!!


> 天海さんの姿勢の良さ&歩き方は本当に綺麗でした。
> 高所恐怖症なのは知っていました(笑)
> 天海さんの「ユウキ欲しい」にも書かれていますし、ドラマ「離婚弁護士」の中でもアドリブで言っていましたから(笑)

え?『ユウキ欲しい』にも書いてありましたっけ(笑)?
センターフライさんのレスに書きましたけど、昔の風共密着番組の印象が強くて、
勝手に、宝塚の大階段が平気だから高い所も大丈夫だと思い込んでいました(汗)。


> 十年ぶりの(それ以上かな)NHK出演が素敵な番組で良かったです。大満足でした。

そんなに経ちますか~。
もしかして、大河ドラマ以来とかになるんですかね!???
改めて、NHKのカメラはいいな~と思いました。
宝塚の舞台中継の画質も関西テレビよりも良かったし…(笑)。

| mono | 2012/03/05 22:45 | URL | >> EDIT

♪ぷっくさま


> やっぱり宝塚時代からのファンということで、視点が似てますよね、
> ツボがほぼ同じで嬉しいです( ´艸`)

本当ですか~(笑)。
でも、今回の番組は、バレエの絵が出てきたお陰で、
舞台寄りの話が多くて個人的には嬉しかったです!!


> 絵の前でダンスしたシーンも、同じように「これって男性側なのでは・・・?」と思ってましたけど
> やっぱりそうですよね(笑)
> でもそこがよかった!

あの場面、ツボる人はツボりましたよね(笑)。
天海さん、スカートだったのに、自然と男性のポジションで踊ったし(爆)。
あの天海さんの一人ダンスの振りを見て、
『扉のこちら』のラルフとアナベルのダンスを勝手に妄想してしまいました(爆)。


> 高所恐怖症は、そうだったっけか?と思ったんですが
> 最近歌劇とかグラフを見たら、ちゃんと高いところが苦手って書いてあるんですよね。
> すっかり忘れてました(^▽^;)

他の皆様が次々と教えて下さって、いやはや、お恥ずかしい限りです(笑)。
センターフライさんのレスに書いた通り、私、風共密着番組の印象が強くて、
大階段のダンスとか余裕だったから、勝手に高い所は平気だと思い込んでいたようです^^;


> 身体の某一部分に何度も目が行ってしまって大変でしたけど| ̄m ̄)
> それを含め(!?)いい番組でしたーヽ(=´▽`=)ノ

あははっ!
やけに胸元が開いていたり、体の線がよくわかる服が多かったですよね(笑)。

| mono | 2012/03/05 22:53 | URL | >> EDIT

♪けいさま

> 高所恐怖症、『おいら』(85回)でも書いてますよ~
> 今回のは、おいらの文章と天海さんがリンクした気がしました。

皆さんのコメントを読むと、天海さん、あちこちで高所恐怖症と言っていたのですね~。


> 見れないと嘆いてたのですが見れました♪(まだ途中)
> ダンスは女性側をイメージしてたので??だったんですが、
> そっか~男性側だったのか…また見てみます!
> 握手も見直さなきゃいけないし忙しいです。

そうなんですよ~。ダンスは完全に男性ですよ(爆)。
最後はガバっと抱きしめる感じだし(笑)。
勝手に、ダンスの相手は麻乃さんを妄想していました(笑)。

握手も天海さんの方から手を差し出しているし、
基本は両手というのもポイントです!


> ここぞとばかりに?ポジショニングや体の使い方を研究してみました。
> あの細身のオナカには支えとなる相当なインナーマッスル&背中の柔らかさがあると思われます。
> 歩き方は、きっと宝塚で得たものなんでしょうね。かっこよくて大好きです。
> これって日々維持をしてないと無理なのですごいなぁ~
> と改めて尊敬しちゃいました。


おぉっ!!
けいさんの分析鋭い…!!
私も、最近、ピラティスを始めた(と言っても公共施設の安い講座だけど・笑)のですが、
改めて天海さんの姿勢は素晴らしい…と思いました。
天海さんを見習って、せめて姿勢良く歩こうとも思いました^^;

| mono | 2012/03/05 23:04 | URL | >> EDIT

ピラティス!

すみません、ピラティスに食いついちゃいました。
仲間ですね~!

背中(特に肩甲骨周り)が柔らかく動くようになると
肩の位置をコントロールしやすくなるように思います。
=正しいポジションに持っていきやすいと感じてます。

天海さんは骨盤の位置の正しさと安定も半端ない!
骨盤の位置が正しいと、肩も正しい位置になってきません?
あの絵を座って見てる姿勢は正しい骨盤の位置と、それを支える
インナーマッスルがないと無理だな~と惚れ惚れv-238

頭では分かってても思うようにならない体と付き合いつつ
目指せ天海さん(ダンスまでは無理)です♪

ピラティスと聞くと熱くなっちゃいました~
ヒップアップするしクビレができるしいいことだらけです。

| けい | 2012/03/05 23:54 | URL |

Re: ピラティス!

♪けいさま

> すみません、ピラティスに食いついちゃいました。
> 仲間ですね~!

私の場合、ほんの少しかじる程度ですよ^^;
数か月前に始めた期間限定の公共施設の講座なので、
受講者人数が多過ぎて、イマイチこれで合っているか自信が無いし(汗)。


> 背中(特に肩甲骨周り)が柔らかく動くようになると
> 肩の位置をコントロールしやすくなるように思います。
> =正しいポジションに持っていきやすいと感じてます。

おぉ~、使っている言葉からしてインストラクターさんのようです(笑)。


> 天海さんは骨盤の位置の正しさと安定も半端ない!
> 骨盤の位置が正しいと、肩も正しい位置になってきません?

いや~、詳しくはよくわかりませんが、ぶっちゃけ、
私が習っているインストラクターさんよりも、
天海さんの方が姿勢がいいなと番組を見て密かに思いました(笑)。


> 目指せ天海さん(ダンスまでは無理)です♪

私もダンス(&体の柔らかさ)は到底無理ですが、
歩き方とか姿勢だけなら真似る事は出来ますよね!!

私、宝塚時代の天海さんのダンスが好きだった理由の1つに、
足の上げ下げが凄く丁寧(&ゆっくり)だったのもあります!!
ダンスは詳しい事はわかりませんが、勢いで足を上げるよりも、
意識してコントロールして動かしていると思うので、却って難しい気がします。
ちなみに、映画『ウエストサイド物語』のベルナルドを演じたジョージ・チャキリスの
足さばき(?)が丁寧で好きだったりします(笑)。


> ピラティスと聞くと熱くなっちゃいました~
> ヒップアップするしクビレができるしいいことだらけです。

私はまだまだ初心者なので、ヒップアップとクビレの効果が出るように頑張ります(笑)。

| mono | 2012/03/06 21:25 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。